芦屋を中心に活動する司法書士事務所「カルマリーガルオフィス」の公式HPです。相続登記(不動産登記)や相続放棄、英語対応による国際相続、会社設立や借金相談等を承っております。

tomimotoホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
カルマリーガルオフィス代表の冨本隆介(とみもとりゅうすけ)と申します。

当事務所では、

◎家や土地の相続手続き(名義の変更手続き)
◎相続に際して借金などでお困りの方の場合の相続放棄
◎海外に財産をお持ちだった方の複雑な相続手続き
◎外国人の方が日本でお亡くなりになられた場合の国際相続

などをはじめ、「会社社関係の登記手続き」「借金相談」などの業務も承っております。

若くて元気な司法書士が、お客様の様々なご要望に合わせて、迅速かつ丁寧に対応します。
お気軽にご相談ください!

当事務所のサービスが、一人でも多くのお客様のお役に立てることを願っております。

当事務所の特徴

【特徴1】分かりやすい言葉で納得!!

私たちは法律のプロフェッショナルです。特に、「不動産・相続や会社法関係」に関しては、高い専門性をもって仕事をします。
そういった複雑な事案を解決するために、ご依頼いただくことになります。

また、そういったプロによくありがちな、「難解な法律用語を披露して依頼者様の頭の中は余計に混乱!?」といった本末転倒な事態にならないよう、依頼者様に合わせた分かりやすい言葉で説明し、頭に「??」を発生させません。

【特徴2】フットワークを軽く!!

当事務所は、出張対応に力を入れております。

ノートパソコン・スマートフォン・バイクといった最新の文明の利器によって、外にいながらも事務所内と変わらぬ対応を出来るような環境を整え、対応いたしております。

特に、「ご高齢の方」「お仕事が忙しくて事務所へご来訪頂く時間が取れない方」などに、大変喜ばれております。
遠慮されずどんどんご相談ください。

新しいツールを使い、様々な方法で皆様の身近な存在になるべく、出来る限りの対応をさせて頂こうと思います。

【特徴3】明朗な料金設定!!

お客様の中に、頻繁に司法書士事務所を利用する方はあまりいらっしゃらないと思います。
むしろ初めて利用する方がほとんどだと思います。

そうなると、「どのくらい費用がかかるのだろう?」と不安に感じるお客様も、多くいらっしゃると思います。

確かに私たちの仕事は、最終的に完結するまで「どのくらいの作業内容になるのか」が不確定な部分も多く、あらかじめ一律に値段を設定するのは困難ではあります。
ただ、当事務所ではこちらの事情より、お客様により気軽に利用して頂くために「出来る限りシンプルで明確な料金」を提示しています。

もちろん、見積もりを無料で作成し、納得した上でご依頼いただきますので、安心してご検討下さい。

お客様の声(※画像クリックで拡大)

実際に、カルマリーガルオフィスにご依頼・ご相談をされたお客様の声をご覧ください。
(※下記の画像をクリックすると拡大されます)

topno1topno2topno3

>>お客様の声をもっと読む

 

お問合せ・ご相談はこちらへ

ご不明な点や、ご相談などございましたら、お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

  • 相続登記について詳しく教えて欲しい。192_128_at3_l.jpg
  • 英語の話せる司法書士を探しています。
  • 借金問題で悩んでいます。
  • 出かけるのが大変。出張してもらうことは可能?
  • 相談費用はどれくらいかかりますか?

上記のようなご質問やご相談などでも構いません。
お気軽にご連絡ください。

 

お気軽にお問い合わせ下さいTEL 0120-76-3788受付時間 8:30 – 19:00 (土日祝除く)

メールでお問い合わせはこちら

最新記事

夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2019年8月13日(火)~8月16日(金)まで休業させていただきます。 8月19日(月)より平常通り営業致します。 ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

株式交換と新設型について

さて今週は株式交換と新設型について勉強していきましょう。 まずは株式交換から。 株式交換はA社の株式を100%すべてB社が保有する制度で完全親会社になります。 株式交換の山場は債権者保護手続きです。保護手続きを要するケー …

事業譲渡について

さて今週は事業譲渡ですね。 まずは定義から。 A社 ①事業の全部の譲渡 ②事業の重要な一部の譲渡(譲渡する資産価額が総資産額の5分の1を超えないこと) ③事業の全部の賃貸 以上のいすれかに当てはまれば会社法上の事業譲渡と …

会社分割の続き

今週は会社分割の続きの論点についてみていきましょう。 残る山場は債権者保護手続きです。 まずA社から B社に移る部分の債権者には基本的に保護手続きは必要です。 従来、A社に対して請求すべきだった債権者がいきなりB社に請求 …

会社分割について

今週は会社分割について勉強していきましょう。 吸収分割のポイントは合併と異なり消滅してしまうわけではないですから株主ではなく会社のほうに対価が入ってきますね。 つまりA社の株主の決議要件は吸収合併のときのA社のように重く …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
相続登記(不動産登記)|相続放棄|英語対応による国際相続|会社設立|借金相談
Copyright © 司法書士事務所 Karma Legal Office All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.